2021年1月24日 (日)

脱原発・2050年排出ゼロへ地域市民の役割を探したい

 森とものみなさん、今年も森へ集いましょう。新生「森びとプロジェクト」福島県ファンクラブの齋藤 章です。どうぞよろしくお願いします。

Photo      南会津の森作業

 気候変動による地球温暖化にブレーキをかけるために、私は仕事の合間に会津の国有林の一部の木々を元気にしてきました。暮らしから排出される汚染物質で弱った木々の幹に虫が穿孔して枯れているのではないかと、木々が吸い上げる土壌改良をしようと粉炭を蒔いてきました。

Photo_2   熊棚が作られる元気な森に

 この10年間に学んだことを素に、世紀末に生存が不安定にならない土台(地球)をなんとかしたいと思っています。地域の政治家の皆さんの知恵もお借りして、地域から温暖化にブレーキをかけていきたいと仲間たちと話し合っています。

3

Photo_3  南相馬市では「いのちを守る森の防潮堤作り」を応援しています。8年間になるこの活動も市民の皆さんと継続していきます。活動しづらいコロナ禍ですが、工夫と希望をもって森づくりをすすめていきたいと思っています。

Photo_4 (森びと福島県FC・斎藤章)

2021年1月19日 (火)

早春に森びとの産声をあげたい山形県

2010910_3

  10年前に植えた苗木(上と下の写真)

 森びとの皆さん、はじめまして山形県の佐々木です。新生「森びとプロジェクト」の山形県ファンクラブ結成を準備しています。

2010910

2010910_2

 久しぶりの森づくり活動ですので、どんな活動をしていくのかが不安です。森づくりは10年前に体験した鉄道沿線の森づくりだけです。何をやってよいのか分かりませんので、とりあえず現場に立ってみました。写真(16日)はご覧の通りです。

2021116  雪深い地域ですので苗木の生長は遅い感じがしますが、通勤途中の車窓からは春の新緑が、秋は紅葉が私たちを楽しませてくれています。

2021116_2  春までにはファンクラブを結成し、各県の森ともの皆さんと、“山と心に木を植える”活動を創りたいと思います。皆様のアドバイスをよろしくお願いします。(山形県・佐々木一志)

2021年1月14日 (木)

草木の不思議な力を感じて森づくり構想

森びとの皆さん、お元気ですか。森びと千葉県ファンクラブの武田です。今年もよろしくお願いします。

Photo  千葉県内ではコロナ感染者が毎日増えていますので、気持ちを引き締めて仲間たちと情報交換しています。雪国の皆さんの大雪対策やコロナ禍で気持ちが暗くなりがちですので、ちょっと明るくなるような写真(上)をお届けします。南房総のFC会員・相川さんからストックとカーネーション等の花が贈られてきました。独り占めで申し訳ありませんが、花の甘い香りと色の鮮やかさが家族の気持ちを和ませてくれています。

Photo_2  近くの稲毛海岸を散歩すると、写真のように富士山が威風堂々とそびえています。生ぬるい海風を浴びて富士を見ていると、何か元気をもらえます。山や花の不思議な力が私の気持ちを動かします。自然は有難いものです。

Photo_3  通勤途中では、椿の花の香りとナンテンの息づかいの変化をみることができます。花の命、ナンテンの実の恵みに少しでも何か気づくことができればと思っています。今年の森づくりは、こんな身近なところから活動を考えて行ければと思っています。

Photo_5 Photo_4  足尾町や南相馬市で皆さんと会えることを楽しみにしています。(森びと千葉県FC・武田芳明)

2021年1月 9日 (土)

大雪の恵みを期待して、気を緩めず春を待つ

森びと秋田ファンクラブの船木です。森びとの皆さん、今年もよろしくお願いします。

5日の小寒を過ぎ、秋田市は本格的な寒さが連日続いています。7日は風速30㍍超えの風が1日中大暴れしました。

Photo

Dscn0379  太平洋側の関東の皆さんには、厳寒の実感は伝わらないと思いますが、朝の雪よせが出勤前の大変な作業です。その後、自家用車のスイッチを入れますが、その室内温度はマイナス6度でした。道はアイスバーンで、気をゆるめることはできません。そんな訳で、冬の出勤所要時間はいつもの倍です。60歳を過ぎての運転は、手先を暖めるカイロが必需品になりました。

Photo_2  上の写真は雄のヤマドリの翁の部分です。友人がフライフィッシングに使うそうです。8日、その友人に会いに行き、狩猟で獲ったヤマドリの肉をいただきました。彼は、今シーズン15羽のヤマドリを獲っていました。うどんの汁に入れて、自然の美味しい味で冷えた身体を暖めました。

Photo_3  雪国の生活は色々と大変なことがありますが、その分、先人の知恵が暮らしに活かされています。その素は全て自然界の賜物です。これからも、秋田の自然に親しみながら、楽しく森づくり活動をすすめていきたいと思っています。(森びと秋田県FC 船木藤典)

2021年1月 3日 (日)

仙台市荒浜、名取市の“いのちの森”で会いしましょう

 森ともの皆さん、あけましたおめでとうございます。森びと宮城県ファンクラブの林雄一です。今年から、宮城県の活動を紹介していきますので、よろしくお願いします。

2020123      荒浜の森

 昨年12月3日、私たち7名は仙台市荒浜と名取市閖上の森の防潮堤の観察会を行いました。荒浜の森は2013年に植樹した所、育樹はクズのつる刈りと下枝払いだけでしたが、木々は順調に生長しています。落葉樹の落葉がびっしり地面を覆い尽くし、現場を歩くと食物連鎖が感じられます。ふかふかした布団のような落葉が土壌分解動物により土が作られ、木々の根を支えています。津波で被災した海岸線に、緑豊かな森が蘇えり、いのちを守る「森の防波堤」が築かれつつあります。

2020123_2 名取市の森(上と下)

123  名取市の森は2015年に植樹しました。昨年は4回の除草と補植を行いました。小さな広葉樹の周りは松の木が覆っていますが、私たちが育てている森はその土地本来の樹種を植えています。潮風と寒風がふき荒れる時があり、厳しい自然環境ですが、木々はそれに耐え抜いています。そなん木々が太陽に向かって伸びていく様子を観るたびに、森と生きることの大切さを学ぶことができます。

123923  今年は、東日本大震災・フクシマ原発事故から10年です。是非、いのちを守る「森の防潮堤」を見に来てください。(森びと宮城県FC 林雄一)

2021年1月 1日 (金)

本年も「みんなの森ひろば」をよろしくお願いします。

「みんなの森ひろば」をご覧のみなさま、あけましておめでとうございます。

いま世界はコロナを前に大変厳しい状況ですが、私たちが直面する「気候変動」の課題も、危機的な状況であることは変わりがありません。森びとも一人ひとりが感染予防に心掛け、できることを少しづつでも着実に歩みを進めてい行きたいと考えています。

「みんなの森ひろば」では森びとのみなさんの、そんな着実な歩みをいろいろな角度から載せていきたいと考えています。投稿も大歓迎ですので希望がありましたら森びと広報部までお知らせください。今年もどうぞ宜しくお願いします。

Rowbai
今年一年が皆さんにとって明るい年でありますように!(森びとプロジェクト広報 小黒)

初日の出に誓う脱原発社会

あけましたおめでとうございます。

P1000178  本日、南相馬市「鎮魂復興市民植樹祭」の第2回と第3回会場付近の日の出を撮ってきました。残念ながら天気は曇りでしたので初日の出はご覧の通りです。場所は原町区南萱浜地区です。

 森の海岸防災林は大きいもので樹高4㍍以上に生長しました。今年は東日本大震災・フクシマ原発事故から10年です。現地に立って日の出を観ていると、被災した一人として当時の悲しみや怒り、そして津波の脅威を思い出します。

20201214    応援隊スッタフ(昨年12月)

 今年は、脱原発社会へむけた誓いを全国の森ともと共有し、森の防潮堤づくりをすすめていきたいと思っています。今年もよろしくお願いします。(応援隊・岩橋孝)

2020年12月19日 (土)

森づくりのプロを迎えた森びと秋田県ファンクラブ

Photo  新生「森びとプロジェクト」の県ファンクラブ(以下、県FCと略す)が動き出しています。秋田FC代表の船木さんからは、森づくりのプロ・Hさんと出会い、県内で森づくりを共にすすめていくことになった、との連絡が入りました。

Photo_2  Hさんは、八幡平市・松尾鉱山跡地での森づくりでお世話になった森づくりのプロ。定年退職して帰郷したHさんと会うと、Hさんは船木さんの友人と同級生であり、親友でもあることが分かり、「世間が狭い!」と喜んでいました。

2  各県FCは、今後、新生「森びとプロジェクト」の会員によって再編成されます。その準備を済ませた秋田FCでは、森づくりのプロを迎えて2021年の森づくり活動へ向けて、知恵を出し合っているようです。(広報スタッフ・高橋佳夫)

2020年12月 9日 (水)

木々の恩恵を与る我が家の冬

 朝方、布団に入っていると材木がひび割れるような音が聴こえる。この音が聴こえる朝は、外気温が零下4~5度以下になっている。起きて、薪をストーブに入れ、火を付け、身支度をしていると部屋が温まる頃にはその音は聴こえなくなる。

Pb173878  どうやら材木が冷えて、身を引き締めている音のようだ。人間もそうだが、寒い朝になると身体を締める。時間が経つと、材木は薪ストーブの熱を材に溜めて、温もりのある部屋をキープしてくれる。

2  政府は、2050年排出ゼロ政策の一環として木材利用を推進するようだ。まさか外材推進ではないと思うが、日本の立派な木々を安価で提供してほしい。

5  エジプトでは2.500年前の木棺が発見され、40歳代のミイラを護っていた。日本でも何千年も人の暮らしを支えている木の家、そして、何百年前の日本の文化を和紙が私たちに伝えている。

2_2

20201210  木は伐られても私たちの暮らしを支え、枯れて倒木になっても、土に分解する小さな生き物たちの餌となり、それはやがて土になる。この恩恵に与っている私たち。冬至を迎えようとしている今、厳冬の森の中では、木々と生きものたちの命の循環がいつものように動いている。(広報スタッフ・高橋佳夫)

2020年11月30日 (月)

脱炭素社会実現に向けて、原発の新増設はあってはならない

   菅総理大臣は、10月26日の臨時国会での所信表明演説で、「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにするカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことをここに宣言する」ことを表明しました。それを受けた形で、11月19日に衆議院が気候非常事態宣言を可決・採択し、翌20日に参議院でも同宣言の決議案が全会一致で可決されました。

Photo 

B406bb118ab30eff49baf83d77cc7155_1_ 

 これで日本は、脱炭素社会に向けて舵を切ることになりましたが、もろ手を挙げて喜んではおれず、ようやく脱炭素社会の国際的な潮流に乗ったに過ぎないことは言うまでもありません。なぜならば、原発依存を続ける方針を崩していないからです。政府はよく「現時点では原発の新増設は考えていない」と言いますが、2050年のカーボンニュートラル宣言が原発新増設に弾みをつけるものであってはなりません。

2020102900005_3_1                                                          

 小泉元総理大臣は、原子力発電所に依存しなくても、再生可能エネルギーの普及によって達成できるという考えを示しました。

3b92d3706fa554e83e7816a2b6a22ee0_1_                                          

    気候非常事態宣言は、「パリ協定」が採択された翌2016年以降、急速に世界で広がりを見せ、国内でも40を超える自治体が宣言しています。政府は温暖化対策に取り組む団体や産業界の代表から意見を聴く「国民会議」を12月中旬に開催することや地方自治体との協議の場を年内に立ち上げる方針ということです。政府による都合の悪いことは覆い隠したり、はぐらかしを認めず、国民が正しく判断できる材料を示していく国民会議に期待するとともに、新生森びともうねりを作り出していきたいと思います。

1000056818_20201129072248_m

(筆者:小林敬)